【NEWS】群馬県高崎市、住民票・戸籍交付、登録型本人通知制度導入へ

群馬県高崎市、住民票・戸籍交付、登録型本人通知制度導入へ


▼概要

群馬県高崎市は、2012年12月から、住民票の写しや戸籍謄本などを以下の第三者に交付した場合、本人に通知する制度をスタートさせる。
(1)委任状による代理人請求
(2)特定事務受任者(弁護士など)の職務上の請求(裁判、紛争などにかかるものは除く)
(3)家族など正当な理由がある第三者からの請求

▼通知の受け取りについて

通知を受けるには、事前登録が必要となっている。
高崎市に住民登録か本籍のある人などを対象に、約1カ月後に通知が郵送される。

▼導入のメリット・目的

委任状の偽造などによる不正請求の防止が目的。
本人以外の請求は、委任状による代理人のほか、弁護士や司法書士、土地家屋調査士といった特定事務受任者が職務で請求することも戸籍法で認められている。
こうした職権を悪用し、特定の個人の住民票を不正に取得する犯罪も近年、目立っている。
当該通知で本人が、第三者が戸籍等の請求を行っていることを早期に知ることで、個人情報開示請求による事実関係究明の手掛かりになることが期待される。

▼群馬県内の本人通知制度の導入状況

(1)前橋市:2011年8月に導入
(2)下仁田町:2012年4月に導入
(3)伊勢崎市:2012年8月に導入
(4)高崎市:2012年12月に導入予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>